07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かお

Author:かお
20代半ば元OL。
海外で生活してみたい!という夢を叶えに、ワーホリビザを使って1年間ニュージーランドに滞在してきました。
旅行・音楽・アート・トレッキング…好きなものたくさん。やりたいこと、行ってみたい場所もまだまだたくさん。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jetsar乗りました

2012.11.25 17:11|jetstar
無事ニュージーに到着しました!
最初一ヶ月はホームステイです。

まだニュージーのことはわからないのですが、とりあえずjetstarのことを。

まず成田のチェックインカウンターで揉めに揉めました。笑

私は元々成田ーゴールドコーストーオークランドのフライトだったんですけど、直前にフライトスケジュールが変更になり、成田ーゴールドコーストーメルボルンーオークランドになったんです。
その結果オーストラリア国内に8時間以上滞在することになり、ETASなるビザが必要になってしまいました。

フライト変更の際、そのビザに関しての説明を全く受けておらず、もちろん私はETASなんて取ってない!
・・・JTBのカウンターで急いで取りましたよ、ええ。3150円かかりましたよ。

しかも3フライトともコネクトが無くて、1回1回荷物は出てくるわ、チェックインからやり直しだわ・・・

正直疲れました!!
おかげさまで機内は爆睡でございます!ので、フライトに関しては記憶がございません!!

ただ面倒で疲れたなあと。LCCは短距離か直行便がいいかもと思いました。


ちなみに荷物の重さや大きさに関してですが、受託手荷物はもちろんきっちり重さ計りますけど、機内持込の手荷物に関してはほぼスルーでした。
大きさも度を超えてない限り見てないし、重さなんて計られてないです。

まああくまで私の場合は、かもしれないので参考までに。


明日から語学学校です。がんばろーーー!!!



スポンサーサイト

Jetstarに乗りますよ

2012.11.15 16:16|jetstar
ニュージーへのフライトはJetstarです。初めてのLCC。

2ヶ月程前に予約して、ゴールドコースト経由でオークランドまで片道航空券で約¥56,000でした。
私は手荷物を25kgまでにして、座席指定もつけてこの値段。安い!

ところが!!本日Jetstarより連絡があり、突然のダイヤ改正により、ゴールドコーストからオークランドの便が欠航になってしまったのです!!LCCの洗礼か!?

でもでも、同日中に着ける振替便を丁寧に案内してくれましたよ♪
ゴールドコースト・メルボルン経由という訳の分からないフライトになってしまいましたが(笑)
もちろん別途費用がかかることはありませんし、お詫びとして$25のフライトクーポンくれるそうです。

ついでに荷物についての質問にも答えてくださいました。
LCCは荷物に関して厳しいともっぱらの評判ですからね・・・びびって色々確認しました。
問い合わせ窓口も不明瞭なので、参考になればと思い書いておきます。

<受託手荷物>
・制限重量内であれば複数個の預け入れが可能

<機内持込手荷物>
・10㎏(又は7㎏)以内の主要荷物1個と、小型品目1個の持ち込みが可能
 ※主要荷物にはサイズ制限あり
・コートやマフラーは重量には入らない


私はスーツケースを受託手荷物にして、バックパックと小さいショルダーバッグを機内持ち込みにする予定。
ちなみにバックパックはカリマーのリッジ40L

これ、ベルトというベルトを閉めればサイズはかなり小さくなります。
限界までベルトを閉めると、ちょうど機内持込ぎりぎりサイズになるので、そうして持ち込みます。
わざわざURLを送って見てもらい、持込可能かJetstarに確認しました(笑)
ギリギリなんですが大丈夫ですか?と聞いたら、「数㎝オーバーくらいなら大丈夫ですよ」と言ってくれました。

そこまでしてなんでこのバックパックで行くんだよ!って思われそうですが、やっぱりNZ国内を旅行したりトレッキングするなら、大型のバックパックは必須。

バックパックひとつでフラッと行けたらかっこいいんでしょうが、さすがに40Lにはまとまらない・・・
60Lくらいあればいけそうですが、新しく買う気はさらさら無かったので、手持ちのバックパックとスーツケース併用します。

荷物の疑問が解決したので後はパッキング!
全ての準備が遅いぜ!(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。