12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かお

Author:かお
20代半ば元OL。
海外で生活してみたい!という夢を叶えに、ワーホリビザを使って1年間ニュージーランドに滞在してきました。
旅行・音楽・アート・トレッキング…好きなものたくさん。やりたいこと、行ってみたい場所もまだまだたくさん。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考書「マーフィーのケンブリッジ英文法」

2013.01.22 16:12|英語学習
おすすめ参考書!
マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)」です。
これワーホリ・留学生の間でかなり所持率高いです。
副校長も薦めてました。

結構分厚いけど、要点がまとまっててわかりやすい。
見開きで1ユニットになってて、左が説明、右が練習問題になってます。
必要以上に細かくないし、その文法を運用する為に必要な内容がコンパクトにまとまってる感じ。
でも取り扱っている内容的には充実していると思います。

まあ私もほかの参考書のことあまり知らないから比較できたりはしないんですけど、これは本当にみんな持ってますよ。笑
文法書はやはり日本語のものが1冊あると助かります(^^;)

マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)

新品価格
¥2,160から
(2014/4/10 18:15時点)




スポンサーサイト

喝!!!!

2013.01.22 15:59|語学学校
今日は学校の副校長と話した。そしてがっつり喝を入れてもらいました。笑
なんと日本人の女性なのです。会話は英語だけどね。

話の内容は、今のgeneral courseからbusiness courseに変更したいということ、そしてbusinessに移る前に1ヶ月休学したいという相談。休学の理由は単純で、ベストシーズンの南島を放浪旅行したいというだけです。
intermediate1の私がビジネスに移る、しかもその前にお休みまでくれって言い出したもんだから、まずentry testを受けなさい、その結果を見てアドバイスしてあげる、とのことで急遽今日のうちにテストを受けました・・・

テストの結果、無事4週間のホリデーと、4月からのビジネス受講が許されました〜。
なんであなたintermediate1なの?とまで聞かれ・・・いやいや、私超喋れないんですよ、と。
そしたら色々アドバイスもくれました。
知識はあるのに運用できてない状態だから、とにかく今よりも長い文章を話すことを心がけなさい、とか。
そのためには形容詞や熟語を入れるようにしなさい、とか、同義語はなにか質問するようにして語彙を増やしなさい、とか。

まあ一番ぐさっと刺さったのは、最も基本的なこと。
私たちが、既に2ヶ月通っているのに成長が実感できないと話すと、「じゃああなたたちは毎日どれだけ勉強してるの?」と。1冊でも本を読んだ?新聞は読んでる?writingの練習はしてる?と。
文法がわかるからといって、学校の授業から学ぶことがないはずがない。先生やクラスメートがどんな単語を使ってるか、どんな風に話しているか、一語一語に集中していれば授業が退屈なんてありえない。英語の成長は、あなたがどれだけ努力をしたか、同じ授業にどれだけ傾注して、どれだけのことを学ぶかにかかっている、と。

もうね、ほんとおっしゃる通り。私ぶったるんでました。
自分はspeakingが苦手だから、なんとなく文法や語彙を地道に覚えるようなことを軽んじていた。
でも空いている時間があるならそれにも傾注するべきだし、語彙無くして話せない。

やっぱり英語話せるようになりたい。
自信をもって、当たり前に外国人とコミュニケーションを取れるようになりたい。

言語なんてなんとなく習得できるもんじゃない。
当たり前なのに、すぐ忘れちゃうことなんだよなあ。
精進しよう。

ちなみに、「人間は考え方を変えることはできない。考え方を変えるには、まず行動を変えること」と、前の会社の新人研修で言われました。その時は無茶苦茶な!!って思ったけど、これは結構真理だと思う。やるしかないってことだな。



女性の皆さん、お気をつけ下さい。

2013.01.18 19:55|NZ生活
日本人女性、モテます。

こっち来てから、私でさえ結構モテます。
みんなモテてます。

なので日本人女性の皆様、くれぐれもお気をつけ下さい。

とにかく日本人女性と付き合いたくて、日本人男性に「どうやったら日本人女性を落とせるのか」っていうアホな相談をしている外国人もいました。
少しフレンドリーに接するとすぐに、「君に興味があるんだ」とか、「君のこと友達以上に深く知りたい」とか、背筋ぞわーってなるメールを送りつけられたりします。毎日メールで「What are you doing now?」とか聞かれ続けたら、もうちょっとしたホラーですよ。

ほんとに日本人ってNOと言えないんでしょうね。
すぐ相手との関係性とか、そのコミュニティ内での事情を考えてしまうから。

でもでも、失礼な誘い方を平気でしてくるような人とか、興味がない人には、しっかりNO!と言いましょう!やつら、相手のことを考えたり、気持ちを察したりは全くしないので!!後々めんどくさいです。
私もちょっと苦しみました(^^;)同じ学校だったりすると毎日会うから逃げ場ないし、なんとなくスルーしてるつもりでも、全然伝わってないし!とか。

日本人女性の皆様、自分の身は自分で守って下さい。
いい女代表の峰不二子曰く、「いい女は自分で自分を守れる女よ」とのことです。



語学学校って、どうなの?

2013.01.18 19:26|語学学校
最近、寒いです。
夏真っ盛りなのに・・・
長袖にパーカー羽織って、さむーいって言ってる感じ。

そろそろNZ来て2ヶ月が経ちます。
暮らしにはだいぶ慣れました。
自炊にも、少しは慣れました。
英語はまだまだ・・・正直私は語学学校では伸びないタイプなのではと思い始めている今日この頃。

語学学校で何をやっているかというと・・・(NZLCの場合)

AM:文法中心
 テキストを使って文法を学び、それを使ってゲームや会話をしたり、という感じ。
PM:会話オンリー
 ゲームをしたり、トピックを与えられて会話をしたり、とにかく喋りなさいという感じ。

授業の質は先生によって様々です。
おそらく学校による違いよりも、先生による違いの方が大きいと思います。
今の私の先生は、決して悪くはないけど、淡々としていてあまり楽しくはない(^^;)
クラスの雰囲気に乗っかる先生もいれば、自分で空気を作り出すタイプの先生もいて、やはり知らない人間同士が集まっているから、先生が空気を作ってくれる方がこちらとしては楽しいかなあって思います。

で、私にとって何が課題かというと、とにかくスピーキングなんです。
もともとそこそこ文法はわかるので、後は発音と、話すことに慣れるっていうのが一番の課題。
なんか、授業でスピーキングが鍛えられてる感じが、全然しない!!(笑)
学校で話をする相手って、やはり英語を学びにきてる外国人だから、誰もきれいな発音してません。自分も含め日本人の発音はやはりひどいけど、韓国人やスペイン語が母国語の人も負けてません。(笑)
耳から正しい英語が入ってこなければ、いつまでたってもリスニングや発音は伸びない。

ということで、学校外に出て行きたい!!!
バイトするとか、ボランティアするとか。それか手っ取り早く、KIWIの彼氏でも作りたい!!(笑)
そっちの方が、自分にとってはより効率よく英語を学べる気がする。

最初はgeneralコースでupper intermediateまで進級して、しっかり日常会話を鍛えたいと思ってたけど、日常会話なら他の所でいくらでも勉強できると今なら思う。
なので、仕事でも探して会話力はそっちで伸ばして、学校ではがっつりビジネス英語でも教えてもらおうかなあと思っている今日この頃。

来てみないとわかんないことって色々あるんだなあ。
学習に関しては個人個人違うから一概に言えないのも難しいところ。
とりあえず仕事探そう。


若さって素晴らしい。

2013.01.08 19:26|語学学校
今日19歳の女の子と話しました。

彼女は高校卒業後、昨年5月頃から1年間の予定で留学に来ていて、今は学校とバイトを両立してる。
ちょっと前まではGeneral EnglishのコースでUpperクラスを受けてたんだけど、今はケンブリッジコースを受けていて、それが終わったら次はTESOLを受ける予定らしい。
日本に帰ったら受験勉強して、国際関係の国公立大に入りたいんだそうな。

それを聞いて何を思ったかというと、可能性だらけだな!と。
彼女はこれから何だってできるし、何にだってなれる。無限の可能性を当たり前に持っていて、その可能性を誰も疑う余地がない。

例えば私だったら。
私だってなんだって出来るつもりでいるけど、誰もがそう思ってくれる訳じゃない。
いい年して…って思う人とか、会社辞めて留学なんてしてこの先どうするのって思う人も絶対居る。
私だって少しもそう思わないって言ったら嘘になるくらいだ。

ああ、若い子と自分たち世代の子との違いって、こういうことなんだ、ってふと思って少し悲しくなりました。
初めて、まざまざと年齢による違いを実感した。
若い子の何が羨ましいって、若くて可愛いとか、肌がきれいとか、体力があるとかそんな身体的なことじゃなくて、その無限の可能性に嫉妬してしまうんだなぁ。

まあ過ぎた時期に思いを馳せていられる程暇ではないので、これからのことを考えないとね。
その子も色々考えて色んなコースを受けているみたいだし、私もちゃんと考えて目標設定しないと。
今はまだ日常会話も出来てないからGeneralでがんばりたいけど、そのうちIELTSかケンブリッジかビジネスかを受けたいから、その為にはそれぞれの受講期間から逆算して、いつまでにここまでレベルアップする!って考えないといけないよな。

I can't afford the loss of a day!!



友達作りは苦手なようです。

2013.01.07 17:56|語学学校
人間関係って、どこに行っても難しいものなんですね・・・

というのも、学校であまり気の合う友達ができません!!(笑)

話をしたりランチを食べたりっていう友達はもちろん居るんだけど、それ以上にならないというか、もっと仲良くなりたい!とか、一緒に遊びたい!って思うような人があまりいない・・・
日本人も含めてそう思うから、言葉の壁云々では無い気がする。

同じ状況に陥っている日本人の友達は、フラットが楽しいから学校の友達は見切りつけてるみたいなこと言ってた。
それ、あたしも見限られてんのかな?(笑)
私のフラットはフラットメイト同士の交流は皆無なので、学校以外で友達が出来るってことは今のところ考えられないから、学校でいい出会いがあるといいと思ってるんだけどなぁ・・・

なんかこんなことで悩むと思わなかった(笑)。
外に向かわなくちゃ。ボランティアとか何かしらでもっと人に会わなくちゃ。
まあ基本的に人を見限るとか、そういうつもりはさらさら無いので、学校だって諦めてないけどね!!

Happy New Year 2013!!

2013.01.02 18:27|NZ生活
Life is short, break the rules, forgive quickly,
kiss slowly, love truly, laugh uncontrollably,
and never regret anything that made you smile.

(人生は短い。型を破り、少しでも早く許し、キスをゆっくりして、真剣に愛する。気がふれるほど笑い、そして、あなたに笑顔をもたらしたどんなことにも後悔をしないこと。)

トムソーヤーの冒険の作者・Mark Twainの言葉だそうです。
今の自分のfeelingにドンピシャです…最後の一文がガツンと来ます。

早くも年が変わってしまいましたね。NZ来てからもう1ヶ月以上が過ぎてしまった。時間の流れが速すぎて怖い!!
気づいたらワーホリの1年が終わってしまった…なんてことの無いよう、1日1日を丁寧に、ひとつひとつの出会いを大切に過ごして行きたいと思います。

最近は学校や新しいフラットにも慣れてきて余裕が出てきた反面、こっちのシステムに不満を感じることも出てきました。
バス代高い!とか、なんでバス内で7daysパス売らないんだよ!とか、なんでスーパーで薄切り肉売ってないんだよ!とか、好みの洋服が全然ない!とか、紫外線が強烈すぎる!とか…些細なことばかりだけど(^^;)

まあ生きてれば不満は必ずあるし、ここは何の心配もいらない楽園じゃない。
でも、今のこの生活の為に必死に働いてお金を貯めて、自分でこの場所を選んでここに来た。
描ける限りの夢の中を、私は今生きてるんだから、それを楽しまなくっちゃ。


余談ですが、NZに来て不思議に思っていること。

お酒を買ったり飲んだりする時に、必ず年齢確認される。
今のところ100%ID見せろって言われてる。スーパーでも。
日本人は幼く見えるから仕方ないよね〜って思ってたら、私以外の同年代の日本人はスルーしてるし。
しかもこっちは18歳から飲酒OKなのに!

てか下手したら年下の日本人にも「若そうだけどいくつ?」って聞かれてる私っていったい…
若く見られるのは嬉しいけど、ここまで来ると若干複雑…
私そんな子供っぽくも、若々しくもないし、日本では若いなんて言われたことないのに。(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。