05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かお

Author:かお
20代半ば元OL。
海外で生活してみたい!という夢を叶えに、ワーホリビザを使って1年間ニュージーランドに滞在してきました。
旅行・音楽・アート・トレッキング…好きなものたくさん。やりたいこと、行ってみたい場所もまだまだたくさん。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The Artist」

2013.10.24 08:09|趣味
day offなのにいつもより早く起きて見た映画、「The Artist」。
少し前にモノクロ無声映画ながらアカデミー賞を獲得して話題になったフランス映画です。

これ・・・いいーーーーーーー!!!!

サイレント映画主流の時代からトーキー映画に移り変わって行く1920年代のハリウッドを舞台にした作品で、サイレント映画にこだわり続けて落ちぶれていくかつての大スター俳優と、時代の変化にのってトップに上り詰める若手女優を描いたロマンティックコメディ。

笑えたり切なかったり、上がったり下がったりありますが、なんとも後味の良い、気持ちいい映画です。
無声映画らしいコミカルな動きも楽しいし、ヒロインの快活さがとっても魅力的だし、主人公の愛犬が超可愛いです。
対照的な二人の人生や移り変わる時代を描いているので切なさはあるんですけど、全体に嫌みが一切ない感じ。だからこそ自然とストーリーに入り込めるというか、2人の感情の動きに集中できるというか。

ラストシーンは号泣でした。最高です!皆と一緒に見てなくて良かった!笑
あからさまな感動シーンとかはそんなないんですけど、物語に自然と入り込んでいるがためにふわっと涙が出てきてしまうというか。

ストーリーだけをとれば、ありがちっちゃありがちです。
あらすじはチャップリンの「ライムライト」にそっくりですし。でもこの映画は物語の奇抜さとか意外さを楽しむ映画ではないと思うので、だからといって映画の評価には全く影響しないでしょう。

こういう映画がアカデミー賞とかできちんと評価されてると思うと、世の中捨てたもんじゃないなと思う。笑
ぜひこれは見てみて欲しい作品です。
個人的には、こういう映画を退屈だと一蹴するような感覚の持ち主とはわかり合えないような気がします。笑

アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥3,610から
(2014/4/10 18:04時点)




スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
私も只今NZでワーキングホリデー中です。ホームシックになった時に色々ネットを見てたらこちらのブログに辿り着き、記事を読んで色々と励まされました。ありがとうございます!私もネイピアに行きたいな〜なんて思っております。
残り少ないワーホリ生活楽しんで下さいね♪

Re: タイトルなし

なうさん

はじめまして。
嬉しいコメントありがとうございます!
私もけっこう上手くいかないことばっかりだったんですけど、突き進み続けてたらやっと納得できるとこまで辿り着いた感じです(^^;)
ネイピアいいところなのでぜひ行ってみて下さいね♪
なうさんもNZでいい経験がたくさんできますように(^^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。